読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むさこそブログ

武蔵野市で子どもを育てる共働き夫婦のお話

世間知らずな質問だったのだろうか?-育休中の業務連絡について総務に確認したら呆れられた話-

妻です。

産休育休が迫ってきてどうも落ち着かない今日この頃です。

 

そんな私は総務さんにこんな感じの質問をしました。

「休暇中、自分の業務について気になったことがあれば、機密上問題のない範囲であればメールで状況を聞いてみたりしても問題ないのでしょうか?」

もちろんコンプライアンスや機密漏えいの観点から基本的にNGということは分かったうえでの質問で、個人のgmail宛てに最新のファイルを送ってもらったりだとか、ましてや仕事をしてやろうという考えはない。産前産後どれだけ大変かもわからないのに、できる気もしないし。

ただ、復帰前とかに少し状況を聞いてみたりとか、そういったことが慣例としてどの程度許容されているのか(何がなんでもNGなのか?)を聞いてみたかった。

※以前そういったやりとりをしている人もあるという話を聞いていたため、聞き間違いではないかと確認したかった。

 

回答

「質問の意味がいまひとつよくわからないし、ここでは判断できない」と前置きされたうえで、「基本的に休みの間に業務につくことはNGとしか言えません」と言われた。まあ、普通はそうですよね。

 

私は今の会社に転職する前、従業員20名足らずの零細企業で営業職に就いていました。

コンプライアンスもへったくれもないようなゆるゆるの会社で、良くも悪くも決まりがない状態。休みの日もメールと電話を常に気にし、ON/OFFをつけない働き方が骨の髄までしみ込んでおり、どうも麻痺してしまっているようです。

 

なぜかショックを受ける私

書いていても、総務さんの回答は至って常識的。でもなぜか、ショックを受け、危うく涙ぐみかけた私がいました。

もともと自己肯定感が低い私は、人に強く言われると言い返せないタイプ。これまでの人生で、身内以外に怒られる、たしなめられるといった経験がほぼないいわゆるゆとりで、突き放されたり、ズバズバ言われるのに慣れていない。

そして、こうも言われました。

「勘違いされているようですが、産前休暇は必須ではありません。仕事をしたければ休みをとらずに働かれればどうですか?」と。

 

いやいやそうではないのだけど…と思いつつ、あまりの勢いに聞きたいことも聞けずに電話を切ってしまった。

 

頭にぐるぐる

どうにも動揺がおさまらずに一日が終わってしまった。

「仕事をしたければ…」の一言が、かなりパンチが効いていた。

なんだか、「育児なめてんの?」と「仕事なめてんの?」を一気に言われた感じ。

確かにそうかもしれない。ろくに仕事もできない状態なのに、中途半端に業務に首を突っ込もうとしている非常識な甘たれに見えたのかもしれない。

聞き方が悪かったのかもしれない。考えが甘いのかもしれない。

「そんな自覚とふるまいで、人の親になれんの?」って言われた気分。

世間知らずな質問だったのだろうか?

 

きっといま私、ナーバスになっている。

こんなことで落ち込んでちゃいけない、強くならないと。

それでは。