読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むさこそブログ

武蔵野市で子どもを育てる共働き夫婦のお話

妊娠中も旅したい!マタ旅なら箱根 花紋がオススメな3つの理由

夫です。妻も同じアカウントで記事を書いているので一応。
 
妻の書いた記事はこちら。 
さて、我が家は毎年結婚記念日に外食をするのと、プロポーズ記念日に旅行に行くのが定番化していたのですが、昨夏から妻が妊娠中なのでどちらも実施できそうにありませんでした。
 
ただ、全く何もなしというのも悲しいので、近場で一泊温泉旅行にでも行こうということで箱根へ行くことに。
 
最近流行りのマタ旅。マタニティー旅と言って、妊娠中の旅行のことをこう呼ぶらしいです。
 

箱根 花紋はマタ旅にオススメその3つの理由

行き先は、箱根湯本の温泉旅館、箱根 花紋。マタ旅にも人気のお宿。

f:id:Doppo:20170116224821j:plain

 

行ってみて、超納得。マタ旅は夫婦ともに良いリフレッシュになりました。

 
 

1. ロマンスカーを使えばアクセスのストレスが軽減される

箱根 花紋は箱根湯本駅から徒歩10分程度の所にある温泉旅館。箱根湯本駅は新宿からロマンスカーで2時間もかからずに行ける。飛行機や新幹線などの移動は妊娠中の体に負担になると考えて箱根にしました。

f:id:Doppo:20170117225623j:plain

 
 
ロマンスカーにはボックスごとに貸し切れるサルーン席があるものがあります。

サルーン席なら二人の旅行でも4席を使ってゆったりと過ごすことができる。お腹が大きくなってきた妊婦さんでも周囲に気を使う必要がないのが嬉しいし、移動のストレスも幾分か軽減できます。

 

特別席|ロマンスカーラインナップと座席の種類|特急ロマンスカー|小田急電鉄

 

箱根湯本駅には、宿からの送迎もある為、歩き回る必要もなく、寒い時期などでも安心です。

 

2. マタ旅対応に慣れていて特別なプランも

f:id:Doppo:20170116224956j:plain

箱根 花紋では、マタ旅プランも用意されており、抱き枕やマタニティウェアの貸し出し、部屋にはカフェインレスの飲み物など細かい心遣いができています。料理についても食べられるもの食べられないものを細かく希望を聞いてくれて安心感がありました。
 
実際にかなりの妊婦さんが利用しているので、事前に妻が妊娠していることを宿に伝えておくと、中居さんが気遣って色々と声をかけてくれたり、対応が慣れているのもありがたかった。
 
さらに今回泊まったROCCAは、露天風呂付き特別室で、お部屋付き露天風呂とまた別に足湯もあるタイプのお部屋。お部屋の中だけでも十分お風呂を楽しめるのも便利でした。

f:id:Doppo:20170116225248j:plain

 

3. 妊婦さんの要望にも応えてくれる食事が美味しい

全国朝食グランプリにおいて、1,000軒を超える旅館やホテルの中から、日本一に輝いた花紋の朝食は健康的でとても美味しかったし、夕飯も色とりどりの鮮やかで美味しい料理で楽しませてもらいました。

f:id:Doppo:20170116224934j:plain

 
温泉旅館はお風呂と食事の質で決まるので、食事の質は妥協したくないところ。花紋の食事は高い口コミ評価に違わない素晴らしいものです。

f:id:Doppo:20170116224841j:plain

 
特に一休.com経由で予約したらサービスで焼き伊勢海老が出て夫婦揃って大興奮。サイズは小ぶりでもさすが伊勢海老。口にした途端ジュワッと広がる濃厚な味わいは最高でした。

f:id:Doppo:20170116224909j:plain

(サービス利用時の特典の為、変更になっている可能性あり)

 

体調なども考慮する必要はあるがストレス発散効果はある

移動や普段とは違った環境によるストレスなどを考えるとマタ旅は、普通の旅行とは違って注意しなくてはいけない点も多いです。
 
体調が崩れた時のことを考えると海外や飛行機に乗ることは難しいかなと我が家では考えました。
 
一方で、妊娠生活は慣れないことの連続でストレスが溜まることも多く、少しつわりが落ち着いた時期に無理のない範囲でストレス解消をするのは、奥さんや赤ちゃん、そして旦那さんにとっても良いことなんではないかなと個人的には感じています。
 
我が家の場合はつわりを戦い抜いた妻のお祝い的なニュアンスもありました。
 
機会があれば、奥さんの体調をしっかり考慮した上で、子育てで忙しくなる前のひと時を夫婦でゆっくり過ごせる時間を作るのも良いのではないでしょうか。
 
それでは!
 

ことりっぷ 箱根 (旅行ガイド)